4夜連続企画、中島健人がセクシー時代を語る!【最終夜:SexyとZoneの関係性及び未知のSexyへ気づき】

最終夜:SexyとZoneの関係性及び未知のSexyへ気づき

 

聡:4夜連続企画、中島健人セクシー時代を語る!第4夜~~~~~~~!中島健人さんがライブで「Sexy時代を創っていきたい」という発言がありましたが、この「Sexy時代」とはどんな時代なのかを、中島さん本人にお聞きしていきたいと思います。中島さんよろしくお願いします。

健:(すぅ~~~)…もう疲れました。

聡:いや、まだ語り尽くしてないですね。

健:もぅ…疲れました。これ以上ないです、僕。

聡:さあ、早速行きます。セクシー時代のペットボトルの水の飲み方とは?

健:ほら、もう訳わかんないじゃないですか。

聡:いや、ありますよね???もちろん。

健:ペットボトルの水の飲み方?それは周知の事実。誰でも知ってる。なぜオレに聞く?以上。

聡:知らないから聞いてるんですよ。

健:なぜ、知らない。それが、疑問。

聡:僕とかやっぱりSexyじゃないんで、Sexyな飲み方とかわからないんですよね。

健:Zone側の人なの?君、じゃあ。

聡:Zone側なの。

健:Zone側なんだwww まだSexyにたどり着いてない?www

聡:Sexy側じゃないの、まだ。そうそうそうそうそう。

健:あ、そうなんだww Zone側とSexy側ってのがあるんだねw 東軍西軍みたいな感じなのね?

聡:もう、なんだろ、Zoneなの... Zoneにしかまだいれないの…

健:いれないのねw あっはっはっ

聡:ZoneにはZoneなりの飲み方があんだよ。

健:じゃ、Zoneはどういう感じなんですか?

聡:飲み口を全部口に放り込む。それがSexyじゃない、Zone側の飲み方なのね。

健:全部口に…哺乳瓶かお前!

聡:ほんとそんな感じw もう、ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ飲むの。

健:ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱァァァ↑↑↑ *1 

聡:そう、そういうパターンのヤツなの。

健:でもそしたら俺だってZoneかもしれない。おれも結構こうやって勢いよく飲んじゃうもん。

こうじゃなくて、

ごくっごくっごくっちゅっはあぁ~~~((((大エコー)))) 

みたいな。

聡:だぶん、今の違いは最後の「あぁ~~~」だよね。その吐息?そこがやっぱりSexyかZoneかの違いだと思うね。

健:…俺すらも気づけてない事実があるんだね。

聡:あ、そう、だから、たぶん、自分のことをSexyともう認識してのSexy中島ケンティだから。気づけてない部分もあると思う。

健:初めて知ったよ…。それ、だから作為的なことじゃなくて、不作為なSexyもあるってことだよね。

聡:だから、Zoneはそこに気づける。それがZoneのいいところなのよ。

健:お互いに支えあってる訳だ。

聡:そう、支えあってる。それがSexyZone。*2

健:すばらしい!

 

聡:続きまして、Sexy時代のチャーハンの作り方。これは知りたいね。チャーハンって性格出るのよ。

健:ほらもう全然わからない。ねぇ第4夜どうしたの、これ?初夜が一番楽しかった気がすんだけど俺。

聡:あはははは。やっぱり大事じゃない。チャーハンってねっちょり系*3とかパラパラ系とか。

健:ねっwちょりw系w ねっちょり系好き?

聡:僕はパラパラ系なのよ。

健:結構みんなそうじゃない?ねっちょり系好きな人いる?

聡:ねっちょり系好きな人いますよね。水分含んでる系の。

健:いるの?ねっちょり?はい、挙手! ほら…(挙手するスタッフいないっぽい)

聡:だから、SexyとZoneに関わって下さっているスタッフの皆さんはみんなパラパラ系なのよ。

健:パラパラ系なんだ。

聡:世の中の男性の皆さん、女性の皆さんはねっちょり系好きな人がいるかもしれない。水分含んでいて色んな具材が入ってる。

健:う~んでも、Sexy…チャーハンの作り方っていうのはさ~。まあ、べちゃべちゃにならないように、ご飯と具材を別々に炒める。SexyとZone別々に楽しむ、こんな感じ。

聡:やっぱそこを分けないといけないんだね。

健:だと思うよ。具材を簡易的な袋に入れて、醬油とか調味料入れて揉むわけよ。まず。

聡:あ、揉むところから始まるんだ。俺らなんてやっぱり容器に入れてコネコネするとかぁ…*4

健:wwwコネコネしたら、具材じゃなくなっるんじゃない?

健:あ!あれなんだ。赤ちゃん料理なんだ💡

聡:Zoneは赤ちゃん系なのよ。

健:Zoneは赤ちゃん系なの?

聡:まだ時代に追い付いてない!だからZone…まだZoneにしかとどまっていないから。まだ。

健:なるほど。まあ、脇役なんてぞんざいしないからね。

聡:なるほどね…。みんな主役。具材みんな主役だもんね。調味料とかもね。

健:そう。

聡:なるほど。さあ!みなさん、4夜連続お送りしてきました「緊急企画中島健人Sexy時代を語る」いかがでしたでしょうか?どでした?中島さん。やっぱり自分では気づかない部分もありましたよね。気づけない部分を気づくZone組。そこがZone組の良さだから。

健:ぅん…まあまあまあ…

聡:今度はやっぱりZone、Zone時代とは何かを語りましょうよ。じゃあ。

健:………

聡:うん、やめましょうw

健:ちょっと勝手にやってください

聡:あははははは

 

✨最終夜まとめ✨

  • Sexy側の人間とZone側の人間がいる。
  • Zone側の人はSexy側の人が気づけていない『不作為のSexy』に気づくことができる。
  • SexyとZoneはお互いを支えあい、それがSexyZoneとなる。

*1:何かのスイッチが入った感ある

*2:この一連の流れが神の所業でしかない

*3:「しっとり」が適正な表現なんじゃないかと思う

*4:松島聡くんのお料理の腕前は12thシングル「よびすて」初回限定B盤の特典映像「Sexyエプロン対決」で確認できます。ホラーです。